温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

その他色々/2010-10-02

猪とハクビシンを防ぐには-1。

10月02日

          前に戻る     次へ進む

 家の田圃と畑では、猪、ハクビシン、ウサギ、ヒヨドリ、の被害がかなり有ります。今の時期畑ではハクビシンの被害が甚大です。収穫時期を迎えた落花生を、集中的に狙っているようです。家の落花生はほぼ全滅です。収穫量は二割以下までになってしまいました。来年用の種が果たして取れるかどうかです。
 今年は特に猪の被害が多い様です。近くに有る無人の神社では、参道の階段の下の土が、とんでもないほど穿り返されています。雑穀を放置している畑では、全ての株が倒されています。そしての農道の両側から猪が掘り進んでいます。一体どうなっているのでしょうか。
 そして田圃には猪が、稲を収穫した後、何も無いと思うのですが、出歩き、畦の部分を穿り返しています。周りを見てみると、田圃だけではなく、色々な所を穿り返しています。そこで今日は少し前に外したネットを再び張ることにしました。その為には下草をきれいに刈り取り、刈り取った草をそのまま放置せずに、一箇所に纏めました。一箇所に纏めると言っても、猪に分からないように纏めています。

張り直したネット猪の獣道 左側が張り直したネットです。ポール間隔約1m、ネット高さ約1m、でネット自体の巾は1.6mで、0.6m程地面に垂らしています。そして垂らしたネットは、竹棒で押さえています。この程度では、猪がその気になれば、何の苦も無く押し倒したり、潜られたりして、侵入されてしまいます。でもこれが有ると無いとでは猪に対する圧迫感は全く違うようです。上手く行けばこれで猪の田圃への侵入を防げます。ここに現れる猪は、早朝に活動しているようで、明日の朝どうなっているか楽しみです。でも明日は入らないでしょうね、猪は臆病ですから、変化が有るとかなり警戒して、動きを変えるようですから。 右の写真はちょっと見難いのですが、猪が使っている獣道です。この道は田圃と道を一本隔てた東側に有り、何時もここから出てきて、田圃に侵入していると考えられます。丁度ネットの対面になります。田圃への侵入を防ぐには、先ずこの獣道の処理からするべきところですが、とりあえずは田圃側から始めます。

 色々と情報を集めているのですが、猪を防ぐ良い手は簡単には無い様です。侵入や、逃亡の為に穴を掘るは、ネットは倒すは、果ては電柵も気にしない、どうしても入りたい場合は、何をしても入るようです。でも猪にとって、それなりの魅力が無いと、電柵、ネット張りだけでも防げそうです。電柵に関しては、猪の鼻面に電線が接触しないと、意味が無い様で、体毛に触っただけでは駄目なようです。ネット張りに関しては、周りでかなりの人が、破られたり、潜られたり、倒されたり、しています。私自身も破られたり、潜られたりしています。

 農文協発行の、”猪から田畑を守る” おもしろ生態とかしこい防ぎ方、”ハクビシン・アライグマ” おもしろ生態とかしこい防ぎ方、も参考書として読んでみました。畑ではハクビシン、猪、ウサギ、ヒヨドリ、それら全てから作物を守らねばなりませんから、参考書通りには行きません。そしてネットで色々な電柵メーカーホームページで、情報の入手を行なっています。そこには色々な情報が盛り込まれていて、かなり参考になりそうです。

10月03日 追記

 三日程連続して侵入していたのに、予想通り猪は田圃に入っていません。雑草の状態の変化と、ネットの新たな出現に多分用心をしたのでしょう。これで入らなくなってくれれば良いのですが、果たしてどうでしょうか。毎日何か状況の変化が付けられれば良いのですが、なかなかそうは行きません。田圃でお米を作っている間は、ネットを張るだけで防げていたので、ひょっとするとこれで防げるかも知れません。

 畑の方ではそろそろ大豆に実が入り始めています。これを狙って猪が入り込む可能性があります。畑は一応全体にネットが張り巡らして有ります。でも猪の侵入に耐えられるものでは有りません。先ずはほつれた部分のの補修をして、少しでも侵入を防ぐ事を考えます。去年は入られていませんから。でも周りの状況から何時入られてもおかしくない状態です。逆に周りに猪にとって魅力的なところが有るので、入られないのかも知れません。周りの状況は悲惨ですから。

10月06日 追記

 今日まで大丈夫で、入られていません。近所のお年寄りが、午後5時ごろ、川の橋の下で大きな猪が走っていたと話していました。やはり出ているのですね。
 昨日ネットで調べるだけではと思い、販売店に資料を請求してみました。電柵はニュージーランドメーカーの物が主の様で、日本メーカーの物は、何かいまいちの感じがします。どのような資料が送られてくるのか、楽しみです。ネット上の情報とそれ程変らないととは思いますが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5128)


Counter: 645, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional