温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2010-02-17

稲のプール育苗用にハウスを準備。

2月17日

          前に戻る     次へ進む

 毎年最初は稲のプール育苗

 暫くの間物置状態になっていたビニールハウス、今日から働きだします。プールを作るために先ず地ならしが必要です。去年のプール育苗後、メロンやトマトを作って、地面は平行では無く大分荒れた状態になっています。

方つけて整地したところ枠に合わせて均平化したところ水を撒いて土を絞めます
 いろいろなものを片付けて、一部に耕運機を入れて耕起し、レーキで一応の均平化を計ります。そしてプールの基準になるレンガの高さをチェック、修正します。 レンガの上にプール枠をセットして、それを基準に均平化を行います。ならし板を何回も何回も通して修正するのですが、なかなか上手くは行きません。 平らになったところで、ヒノキチオールの希釈液を如雨露で散布し、更にホースで水を撒き、土を締めます。これで一応作業は終了です。

 これで一応プールの準備は終わりました。土が乾いたところで再び均平化を行い、黒マルチシートを敷いた上に、更にビニールシートを敷いてプールにします。そして水を入れてみてビニールシートの漏れのチェック、プール深さの傾きのチェックを行い、問題が有れば修正となります。プールの基準となるレンガの高さは水準器で出しているので、そんなに精度は良くありません。したがって実際には多少の深さのばらつきが出ますが、それがある程度の範囲なら良しとして、それはスペーサーで調整する事になります。プールのビニールシートの上には、苗箱を浮かせる為のスペーサーを設置します。このスペーサーの調整で多少の深さ修正を行います。スペーサーのもう一つの目的は、苗箱をプール底より浮かして、水切りを良くする事です。苗箱の最初の潅水時、非常に役に立ちます。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2650)


Counter: 1102, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional