温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2010-03-20

ハウスメロンに再挑戦ー1。

3月20日

          前に戻る     次へ進む

 先ずは下地作りから始めます。

 昨年途中で全滅してしまったハウスメロン、今年再挑戦です。同じ間違いを繰り返したくは有りませんの、昨年何故全滅してしまったのか、考えてみる必要が有ります。

  • 直接的原因はカビの蔓延です。
         カビが出てきたのはキャベツ、ナスからです。従って今年はメロン、トマト以外の作物はハウスの中では作りません。
  • 根っこが非常に貧弱でした。
         水のやりすぎか、施肥の方法の間違いか。或いは土が柔らかい性か。土を締め、水を控え、元肥中心にします。
  • 節間が非常に大きく空いていました。
         これは徒長に近い状態と考えます。そこで欲張って2畝作るのは止め、一列一畝として日当たりの確保を図ります。
  • 一気に大きくなり、思うように手入れが出来なかった。
         今年は3株づつ一週間置きに苗を作り、一気に大きくはならないようにします。
  • 肥料の効き方が一気に来たような感じがし、継続性が無かった。
         肥料は売っているボカシ肥料ではなく、自分で作ったEMボカシを使用する。
  • カビの予防。
         カビの防止のため、ヒノキチオールの散布をこまめに実施する。

 苗つくりは既に2月29日から始まっていて、既に4回目の播種を行っています。種は平成18年に採取したもので、今年で4年を迎えます。寿命がどの程度か分かりませんが、一応発芽はしてきています。しかし一部は発芽しないものも出てきています。

元肥を混ぜて、黒マルチ幼苗もうちょっとで発芽
 30cm巾で米糠を散布し、更にEMボカシを撒き、耕運機で耕起、その後黒マルチで覆いを掛けました。これで畝全体にぼかしが広がり、土として良い条件になるのではと思います。 2月29日に播種したものです。3月17日に出芽して、今はここまで大きくなっています。3つのポットに播種して、2つのポットで発芽しました。 3月5日に播種したものです。もうじき発芽です。暖かくなり、これからは早めに発芽してくると思います。その様子で播種の時期を調整します。

 昨年とは異なり、ハウスは妻面まで換気が出来ています。その為内部の温度は異常高温にはならないようです。このことで徒長に近い現象も起きないのではと思っています。
 今回メロンを作る所は、昨年トマトを作ったところです。従って連作と言う形にはならないと思っています。逆にメロンを作ったところで今年はトマトを作る予定です。問題は来年以降です。

 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4135)


Counter: 697, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional