温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2010-06-02

ハウスでメロンとトマトの栽培ー1。

6月02日

          前に戻る(トマト栽培)     
          前に戻る(メロンに再挑戦)     次へ進む

 同じハウス内で、ほぼ成長が同じ状態の、ハウスメロンに再挑戦と、ハウスでトマト栽培を一本に絞り、アップしていく事にしました。
 
 メロンもトマトもここに来て、天気が安定して、気温もやっと平年に戻って、更に明日からは気温も上昇するとのことで、急に成長する事が期待できます。去年とは異なり、ハウス内部の温度はそれ程上がりません。従って温度が高すぎる事による、徒長のような状態にはなりにくいのではと思っています。

 メロンは一部蔓も確認できるようになりました

 メロンは脇芽を実を着かせる部分までは、伸ばさない様にします。着果させるのは第12節から15節に発生する子蔓の第1節目だそうです。したがってそれまでは脇芽を折ってしまいます。

メロン畝の状態メロン ここまで伸びてくると、そろそろ支柱に止めてやる必要が出て来ます。そして脇芽も早め早めに取ってやろうかと思います。去年全滅した理由がカビに有りましたから、そろそろヒノキチオールの散布を考えています。株元には稲藁が敷いて有りますから、保湿、病気の発生予防等には多少効果があると思います。根っこの生育を助ける意味で、水を結構抑えてきています。そしてこれからも出来るだけ抑えていきたいと思っています。



 トマトには花芽が確認できるようになりました。
 
 トマトの脇芽は伸ばさない様にするのですが、第一果房までの脇芽はある程度伸ばしてやります。

トマト畝の状態トマト 第一果房に実を付けさせる事は、大切な事と言われています。支柱がちょっと離れすぎていて、未だ括り付けるには心配が有ります。もう少し待ちます。トマトも去年は徒長気味でした。水気は結構与えていたのですが、根張りはそれ程悪くは有りませんでした。でも味を良くするためにはやはり水は控えめの方が良いのではと、抑えていくつもりです。メロンは開花後40日から45日で収穫が出来ます。未だ花も咲いていないのに、気が早い。

 メロンの株が15本、トマトの株が22本、上手く育ってくれると良いのですが。去年はトマトが食べきれないほど採れました。

          前に戻る(トマト栽培)     
          前に戻る(メロンに再挑戦)     次へ進む

認証コード(2717)


Counter: 714, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional