温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2010-12-05

ハウスの中に室を作ってみようか-8。

12月05日

          前に戻る    次へ進む

 室の内部を拡幅して、ブロックの上辺まで山砂を戻しています。

 室の内部を、拡幅すると同時に底上げする事にしました。底の部分に水が溜まるのは、やはり底の部分が低すぎるとと同時に、吐き固めが足らないためだと思い、拡幅する事で側壁を削りますが、そこで出る土を底の部分に溜めて、吐き固めています。

拡幅した室ブロック上辺まで山砂戻し ブロック基礎の型枠のところまで室の巾を広げました。底の部分は南側から北側にかけて傾斜を持たして、溜まる水は北側(入り口)に集まるようにする予定です。そしてともかく作業をやり易くするために、山砂をブロックの上辺まで戻しています。これで作業性は抜群に良くなりました。
 これで山砂と粘土層の間からの水の染み出しは完全に防げます。

12月07日 追記

 2×4材で枠材料の切り出し、刈組を行ないました。

 ブロックの上に枠を載せる事で、山砂は完全に戻す事が出来るようになります。

枠載せ 外枠の他は未だ固定してありません。寸法確認して、修正後固定の予定です。ブロックの上に置いた枠は、結構ブロックの上面から浮いている部分が有り、色々と予定外の部分が出てきています。本来はやはりブロックの上にモルタルで、枠の基礎を作るべきでしたか。枠がブロックに大して前後左右に動かない様に、四隅に固定用の材料が取り付けてあります。そして材料の切り口には一応防腐処理を行なっています。

12月08日 追記

 山砂を枠の上辺まで埋め戻しです。

 枠の最終的な固定が完了して、山砂半分程度埋め戻しました。この後取り付ける天井の部分がきちんと嵌るかどうか、多少心配が有ります。

枠の上辺まで山砂戻し これでやっと全体像が見えてきました。枠の内側の材料の固定は、全て内側から行なっています。従って後からでも色々と変更が出来るようになっています。

12月09日 追記

 天井の部分を載せてみました。

 天井部分は12mm厚のコンパネで、この大物のカットはワークセンターでは出来ずに、パワーソーを取り外して行ないました。

入り口蓋の閉まった状態?入り口蓋の開いた状態? 左が入り口部分の蓋を開けた状態、右が締めた状態です。蓋の部分には未だ固定してない取っ手が載っています。天井部分のコンパネと、枠の部分はやはりぴったりと言うわけには行かず、多少隙間が出来てしまいました。天井の部分は未だ固定してなく、暫く様子見です。
 周りの山砂もほぼ全て埋め戻しています。これで周りの状態はほぼ元に戻っています。ただハウスの地表面は前より35mm程高くなっています。

 

          前に戻る    次へ進む

認証コード(2344)


Counter: 577, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional