温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2010-03-17

田圃を楽しむ-12。

3月17日

          前に戻る    次へ進む

 東側の溝に水門を設置しました。

 畦塗りをする為に、東側から繋がっている、南側の溝を潰してしまいましたので、東側の溝に水のn出口が無くなって、溢れる状態になってしまいました。東側の溝は今後も使用しますので、潰す訳には行きませんので、その出口をつける事にしました。南側の畦を経由せずに、直接南側の排水溝に水を排水するように。

取り付けた水門水門の出口東側の溝の一番南側に水門畦に土寄せ
 塩ビ管VU75を付けられる水門で、小さなものです。水を溜める時は門を締めます。水位の調整は出来ませんが、使えそうです。問題は畦の状態でしょうか。 2時間以上水を排水しても、なおまだこの程度の水が出てきます。今日は一昨日の雨が田圃にも染み込んでいますから、その分も出てきていると思いますが、この状態が何時まで続くのでしょうね。 東側の排水溝の一番手前(南)に水門を設置しました。昨日の状態に比べると、水位が大きく下がっているのが分かります。水尻に有る排水口からの排水だけでは、ここまでは抜けません。 排水が大体終わったところで、南側の畦に土を寄せました。今は土がどろどろで、上手く畦に土が寄せられません。もう少し水気の引いたところで、きちんと形を整えたいと思います。

 畦塗りの本当のやり方は、今年始めてすから良く分かりません。周りの人たちのやっている事を見ながら勉強してしていきたいと思います。
 東側の溝に水門を設置したのは、予想以上に有効で、これは使えます。何故最初からこのようにしなかったのか、思い込みなのでしょうね、排水口から出さないとと言う。後は代かき等で、どの程度溝が埋まってしまうかです。代かき後早めにチェックして溝の保存を図ろうと思います。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(1793)


Counter: 774, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional