温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2010-05-03

田圃を楽しむ-25。

5月3日

          前に戻る    次へ進む

 コシヒカリの苗の高さが15cmオーバーに。

 コシヒカリの苗の高さが15cmオーバー、多分17cm位に、そして第一分げつが見られるようになって来ました。でもプールの水がこのところの色々な条件で、全面に藻が繁茂してきました。条件と言うのは気温の高さ、井戸水の濁り、化成肥料の溶かし液の散布流し込み、等などです。そのため多少匂いがし始めています。その為毎朝プールの水を交換してしています。そして、そのたびに少し化成肥料の溶かし液を流し込む羽目になっています。井戸水は雨がかなり降ると濁るのですが、たまたまタイミングが悪く雨が降ってしまったからです。今日あたりの井戸水は正常に戻っていますが。

コシヒカリ第一分げつ ものさしで計って見るとこんな感じです。この位の状態だと田植えは一応可能かと思いますが、葉齢の方が未だ第5葉が伸びきらない、4.5葉期と、成苗まで後一葉足りません。
 苗の根元では第一分げつが出始めています。第六葉が出る頃には第二分げつが出始め、本当に狙い目通りの苗になります。ただ根っこがどうなっているか、多少心配です。

 苗の大きさとしては一応狙い目通りになっているかと思います。これ全て低温によるものと思います。去年は何度もローラーで苗の成長を抑えたのですが、今年は一度だけです。それでも苗は伸びなかったのです。肥料が効かなかった事も要因の一つかと思います。ただブラドミンを元肥としたミルキープリンセスの方が葉齢は少し進み、苗高さは2cm程低くなっているのですが、その理由が良く分かりません。多分こちらが理想に近いのではと思います。
 田植えは葉齢が5.5葉期、つまり第六葉が半分ほど出た所で行いたいと思っていますから、後一葉足りません。10日前には出来るかと思います。問題は天気ですが、7日8日辺りに雨が予報されています。出来れば雨降りに田植えはしたくないのですが、これだけは自然にお任せになります。

 よくよく見てみるとコシヒカリにも第六葉の出て来ているものが見受けられます。そろそろ5葉期という事のようです。後二三日で田植えという事になりそうです。狙いは5月6日ですか、ちょっと厳しいかも。明日辺りから田圃の水位を下げて、田植えモードへの移行が必要な様です。田植え機の最終確認とセッティング、植え付ける品種の割り付けを早々に行う必要があります。9日以降に田植えを行う場合は、ちょっと生育を抑えてやる必要がありそうです。7日8日に田植えが出来れば一番良いのですが、どうするか難しいところです。幸いにも苗の丈が比較的低いので、生育を抑えながら、9日以降に田植えをする事ですが。どうするか、明日には決める必要がありそうです。それにしても天候に大いに振り回される今年の稲作です。

5月4日 追記

 田植えは最終的に8日或いは9日に行う事に。

 苗の状態を良く見てみると、朝紫を除いて、平均的に五葉期になっていて、ミルキープリンセスはそこからやや進んだ状態、マンゲツモチがやや遅れた状態の感じです。朝紫は背丈は18cmオーバーのものも有るのですが、葉齢としては4.5葉期といった感じです。朝紫以外は背丈が未だ18cm以内ですから、8日或いは9日には背丈が22cm、六葉期になっていると思います。このタイミングで田植えを行う事にしました。ただ苗の状態によっては早めることが必要かと思っています。でも天気との関連もあり未だ迷うところが多いです。天気がよくなれば6日7日にでも行うかも知れない。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(9222)


Counter: 740, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional