温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2010-05-17

田圃を楽しむ-29。

5月17日

          前に戻る    次へ進む

 米糠散布を行いました。

 昨日決めた様に今日は朝から米糠の散布を行いました。田圃が深いせいもあり、かなり疲れる作業になりました。でも時間としては2時間30分程度で、補植に比べれば当然のことながら短い時間で済みました。天気予報で、風は南西で、弱いと有りましたが、時々やや強く吹かれ、表面の糠はかなり北側と東側に寄ってしまいました。
 米糠の散布量は米袋で8袋、約120Kgです。10aあたりで80Kgとなります。
 同時に屑大豆の粉砕したもの、及びハマカオリの玄米を少し、ミルキープリンセスの区画の部分に散布。

グリーンサンパーで米糠散布散布の途中定位置観測座位定位置観測立位
 田圃の1/3程に米糠を散布したところです。未だ風が弱く、表面の糠もそれ程飛ばされいません。 田圃全体に散布が終わったところ。表面の糠が左手前側に寄せられています。 定位置観測の座位での写真です。午後5時過ぎに撮ったもので、糠は既に沈んでいます。 定位置観測立位での写真です。暫くすると水が赤くなって来るはず。

 糠撒きはやはり風の弱い日に行う事が必要で、本当は無風の日に行いたいくらいです。撒いて沈んでしまうものは良いのですが、表面に浮かんでしまうものは、風に流されて、風下側に寄せられてしまい、その分だけ散布量がむらとなってしまいますから。田圃の水全体を考えれば、それ程気にすることは無いかも知れませんが、田圃の土のことを考えると、やはりむらは出来るだけ抑えたいところです。午後5時半過ぎに北側の土手から撮った写真がこれです随分と北側に寄せられてしまっています。たまたま寄せられた場所には溝が有ります。従って糠はその部分に相当沈んでしまうと思うのですが。

 これで田圃を歩き回る作業は残り一つ、手押し除草だけになりました。とは言えこれが一番大変な作業、畝数の半分の回数、行ったり来たりしなければならないのです。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(8492)


Counter: 705, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional