温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2010-06-16

田圃を楽しむ-36。

6月16日

          前に戻る    次へ進む

 このところの高い気温で一気に伸び初めて来ました。

 梅雨に入ったかと思うきや、雨空から今日は一転午後から雲ひとつ無い晴天。朝方吹いていた風も収まり、気持ちの良い日になりました。麦の収穫を今日まで待てば良かったと反省しきり。
 稲の生長は去年と同じように、6月の半ばを過ぎて急激になって来ました。ザリガニの被害も、稲ドロオイ虫の被害も帳消しにする勢いです。2年目の田圃、気になる窒素の効き方ですが、やはり未だかなり効いている感じです。

稲の葉色 家の田圃が右側で、左側の田圃と比較すると、葉色が濃いのが分かります。肥料らしきものとしては、天然グアノと米糠だけです。グアノは燐酸肥料ですから、窒素分は米糠だけです。これが効いているのか、或いは放置してあった20年間の蓄積分か、分かりません。去年は穂をつけても葉色は衰えず、最後まで青さが残っていました。今年は果たしてどうなるのか、気になるところです。
 葉色の程度としては、多分去年よりは落ちていると思っているのですが、未だ濃いことには間違いないようです。背丈も回りの田圃の稲に比べると、かなり高い感じがしています。こうなるとミルキープリンセスに期待が持てるのでは、と思っています。ミルキープリンセスは多少多肥向きの品種ですから。米糠を去年の秋と、今年の5月に合計で240Kgr程入れていますから、そのその窒素分は約5Kgr、これが効いているのでしょうかね。でもこれが直ぐに効くとは思えませんから、やはり蓄積分が効いてきていると思います。

 朝紫、マンゲツモチ、ミルキープリンセス、コシヒカリ、各々の品種の成長具合も気になるところですが、今のところ各々順調のようです。去年は朝紫が一番早く穂を付けて、猪にやられてしまいました。今年はこんな事が無い様に気を付けたいと思っています。

朝紫マンゲツモチミルキープリンセスコシヒカリ
 朝紫です。4品種の中では一番生育具合が良くない感じです。でも一番早く穂を付けるかも。 マンゲツモチです。去年はコシヒカリよりかなり遅れて収穫しました。本当は同じ時期のはずですが。 ミルキープリンセスです。背丈はやはり低く、分ゲツも多少少ないようです。 コシヒカリです。今年のメインもコシヒカリです。

 苗作りの段階から、朝紫は一番生育が良くありませんでした。この品種だけは他と同じに扱うわけには行かないようです。分ゲツも少ないことから、苗作り、田植えの段階で、来年から十分に考えて行なう必要が有るようです。

 去年に比較して4日程遅れに追いつきました。

 田植えの段階で2週間程の遅れであった生育が、ここに来て3日~4日程の遅れに追いついて来ました。この調子で行けば、多分去年とほぼ同じ状態になるかと思います。

定位置観測座位定位置観測立位 定位置観測の様子です。左側が座位、右側が立位です。苗は一株、一本から三本植えで今年はかなり浅植えになってしまい、浮き苗が多くなり、補植を相当に行ないました。ここへ来ての一株当りの茎数は去年とほぼ同じ程度となったと思います。一株当り一本の株も、扇条に分ゲツしてたくましく成長しているようです。ザリガニの被害で、株数、分ゲツ数がかなり減った部分も有りますが、区域がかなり限定的で、収量にはあまり影響は無いようです。

 これからはイモチ病と、カメムシ、ウンカ、その他の虫の被害がどうなるかで最終的収量が決まると思います。

6月18日 追記

 ザリガニの被害が減らない。

ザリガニ 二三日畑の方が忙しくて、ザリガニの方は放置していたが、今朝又捕獲作戦を再開、50匹近くが取れた。まだまだ大量に居るようだ。今日は南風が吹いていて、ザリガニに切られた葉っぱが北の畦際に吹き寄せられている。かなりの量があり、その大きさもほぼ一定している。去年は行なわなかったが、今年はザリガニ退治の為にも中干しを行なおうかと思っている。水を切る事で、ザリガニは水のある部分、東側の溝の部分に集まってくると考えられ、集まって逃げ場の無くなった所を一網打尽にする事を狙う。どれほどの数が取れるか、今から楽しみである。ただオタマジャクシが未だ十分に育っていない事を考えると、時期を何時にするか、難しいところだ。分ゲツは一応十分取れたと考えると、何時でも可能なのだが。6月末から7月初旬か。
 今日は昨日から気温が高い性か、藻が大量にわいている。雨が降ればこの藻もオーバーフローして流れてしまうだろう。

 田圃は相変わらず濁り水の状態だが、多少変化を見せ初めている。東側の溝の付近から、濁りが薄まり始めてきている。他の三方向は相変わらずだが、これから大量に雨が降れば、多分濁りの状態は解消されてしまうだろう。今のところ雑草は見られないので、これで大丈夫だと思うのだが、これからは馬鹿でかくなる夏草が生えてくるだろう、去年と同じに。
 午後4時過ぎからかなり強い雨が降り出している。今午後6時30分、雨と風のピークか。

6月21日

 ミルキープリンセスの葉色がコシヒカリより濃い。

 少し前に気が付いたのですが、ミルキープリンセスの葉色がコシヒカリより濃いのです。コシヒカリより背丈が低く、アミロースがもち米とうるち米の中間にあるとは聞いていたのですが、葉色が濃いと言う事はどういう事なのか。収量を確保するには、コシヒカリより多肥栽培を行なうとも聞いています。肥料気の吸収が良いと言う事なのでしょうか。これからどの様に変化して行くのか、コシヒカリとの対比で楽しみです。
 稲ミズゾウムシ、稲ドロオイ虫、とは別の害虫?が現れています。白色で、葉っぱにくっついています。数は少なく、どの程度の害があるかは分かりませんので、暫く様子見です。回りの田圃ではそろそろ中干しが始まっています。田植え後一ヶ月辺りから、出穂35日位前が始める時期だそうですから、そろそろですね。未だちょっと早い気がしますが。

6月22日

 中干しの準備を開始しました。

 去年は中干しを行なわず、刈り取り時期の二週間程前から落水しましたが、刈り取りで土が柔過ぎて、一苦労しました。本当に意味が有るのか、分かりませんが、今年は中干しを行なう事にしました。その第一段階として、西側の畦際に溝の設置を開始しました。そして水位を5cm程下げています。明日には更に3cmから5cm程下げて、溝の機能の確認を行い、良ければ明後日水位を田圃表面より下げて、中干しに入る予定です。今日も溝を設置しながらザリガニを蹴散らしています。水位を田圃面より下げて、果たしてザリガニはどんな行動を取るか、楽しみです。一応北、東、西の畦際には溝が設置されますから、オタマジャクシはその部分に避難可能な状態になります。
 中干しをすると、根張りの確保のために成長が一時的に遅くなるかも知れません。その辺りも今後の一二週間で確認してみたいと思います。

6月09日から6月15日までの定位置観測座位定位置観測立位

6月16日から6月22日までの定位置観測座位定位置観測立位

6月09日から6月15日までの朝紫、マンゲツもち、ミルキープリンセス、コシヒカリ

6月16日から6月22日までの朝紫、マンゲツもち、ミルキープリンセス、コシヒカリ

          前に戻る    次へ進む

認証コード(4770)


Counter: 732, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional