温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2010-09-03

田圃を楽しむ-49。

9月03日

          前に戻る    次へ進む

 ヒデコモチと朝紫の脱穀。

 今日も相変わらず暑い日ですが、予定通りヒデコモチのハーベスタによる脱穀と、朝紫の足踏み式脱穀機による脱穀を行いました。ハーベスタを動かしている時間自身はたいしたことは無いのですが、事前の準備に結構時間を取られてしまいました。と言うのはハーベスタを引き出して、動かしたところ、またまたネズミが出て来たのです。二週間程前に動かした時には居なかったのですが。仕方なく高圧洗浄機できれいに内部を洗い、乾かしていたものですから。これは本当にネズミ対策を行なう必要が有ります。

ハーベスタによるヒデコモチの脱穀ウッドデッキで少し乾燥足踏み脱穀機による脱穀船半分程度の収穫
 ハーベスタによるヒデコモチの脱穀です。藁は使いますので、ストローカッターは稼動していません。籾袋で3袋と半部の収穫です。今年は未だ一度も故障していません。 脱穀後ウッドデッキで二時間ほどゴザの上で乾燥です。この段階で大きなゴミを拾っています。ゴミが無ければこんな必要は無いかも知れません。 朝紫の足踏み脱穀機による脱穀です。こちらの収穫は籾袋半分程です。ハーベスタとは異なり、稲藁が大量に混ざりますから、篩いで大きな藁を取り除き、更にトーミで、藁を飛ばします。 トーミ掛けをした後の籾で、船(セメントを混ぜる容器)に半分程です。重さにして16Kg強でした。籾殻を外して13Kg程度と思われます。

 玄米5Kgを取るには6.25Kg程の籾が必要になります。籾の80%ほどが玄米と言う事です。更に白米にすると10%程の糠が出ますから、籾の72%程が白米の量となります。籾袋一杯で籾は約35Kg有ります。玄米にして28Kg程度です。白米にすると25.2Kgです。籾袋にぎりぎり一杯詰め込むと、37.5Kg、玄米にして30Kgになります。

 今年のヒデコモチの収穫は3.5袋で、玄米にして98Kgとなり、去年のマンゲツモチよりかなり多い感じです。

 家で持っている籾摺り機はインペラー式で、籾を叩きつけるタイプです。したがって籾摺りの段階でゴミはあまり選別されません。そのために去年もそうでしたが、この後でトオミ掛けをすることが必要になります。ハーベスタのトオミ機能では取り除けなかった麦藁等を、取り除きます。

 ミルキープリンセスの収穫は明後日9月5日か、コシヒカリは6日~8日か。

 周りの田圃は殆ど収穫を終えています。それもコンバインによる収穫も含めてです。でも家の田圃のミルキープリンセス、コシヒカリは未だ収穫期を迎えていません。でもそろそろ刈り取りを考えないといけないですね。天気予報ではとりあえず9月10日までは雨は降らないそうです。と言う事は9月6日の収穫までは未だ大丈夫。こうなればコシヒカリは、一番最初の目標9月8日収穫を狙いますか。天気次第ですね。

9月04日 追記

 コシヒカリが猪にやられた。こうなったら明日収穫か!

 朝方東側の溝に沿って、猪が入った形跡があリました。夕方ミルキープリンセスの収穫の為の枕地の刈り取り後、コシヒカリの部分が気になってよく見たところ、やられていました。東側から入って、荒らした様子。かなり広い範囲でやられていました。この状態では、コシヒカリの収穫をあまり遅らせるわけには行きません。ハザの材料の準備は終わっていますから、明日にでも刈り取りは可能です。ミルキープリンセスの刈り取りは、それ程時間はかかりませんから、午前中に枕地の処理をして、午後に刈り取りをする事も考える事にしています。東側の猪が入ったと思われるネットの部分の対策は一応やっておきましたから、明日の様子を見てと言う事も考えられます。

西側の枕地東側の枕地ヒデコモチを乾したハザ 枕地の処理は一応完了しています。今回は2箇所だけで、あとはバインダーで刈り取り可能です。一番右はヒデコモチを乾したハザで、その下には、ヒデコモチの藁を大束にして積み上げてあります。今回は枕地だけは無く、コシヒカリとの区切りの部分も刈り取っています。

 ここ南房総では、猪の被害はだんだん深刻になって来ています。そしてその対策として電柵を設置するところが増えるにしたがって、他の場所での被害が増えてきています。ネットを張ってもその下に穴を堀り、ネットを掻い潜り、入り込みます。そして出て行くときは、ネットを破ってでも出て行きます。
 コシヒカリの収穫には未だちょっと早いと思っていますが、猪に目をつけられ、荒らされてしまっては、どうし様もありません。ミルキープリンセスは、ヒデコモチを乾したハザを再利用して乾します。刈り取りと、ハザ掛けだけですから、二時間もかからずに終わると思います。そこで午前中の残った時間と、午後(夕方)にコシヒカリの枕地の設置と、刈り取りは可能かと思います。明日朝確認して猪が再び入った形跡が有れば、コシヒカリの刈り取りを明日行なう事にします。

9月5日 追記

 ミルキープリンセスの刈り取り、ハザ掛けは終了。
 ハザ作りに非常に時間を取られ、コシヒカリは枕地つくりが精一杯でした。

ミルキープリンセスの刈り取り、ハザ掛けは終了しました。コシヒカリの方には猪は再度入った様子は有りませんでした。でも刈り取る事にしたのですが、田圃の乾燥が非常に早く、ガジガジの状態になっています。そのため、ハザ用の支柱がなかなか地面に打ち込めず、非常に多くの時間を要しています。去年は柔らかくて楽だったのですが。

ミルキープリンセス刈り取り完了コシヒカリの枕地の一部 左がミルキープリンセスを刈り取った跡です。奥には刈り取ったミルキープリンセスをハザに掛けて乾してあります。右側はコシヒカリの部分に設けた枕地で、明日から刈り取りを行ないます。かなり大きく枕地を取っています。
 ハザの支柱は、地面が硬すぎて、割れたところに入れても、なかなか入らず、仕方なく木ハンマーで叩き込んでいます。そのためにハザつくりに相当な時間が必要で、なかなか思うようには進んでいません。

 コシヒカリの作付面積は、ミルキープリンセスの3倍以上有ります。単純に計算してもコシヒカリの収穫は明日中には終わらない計算になります。でも天気予報がここに来て多少変ってきたようで、木曜日辺りに雨が降りそうです。雨だけなら良いのですが、台風の影響ですから、風が吹く事になり兼ねません。台風は東に流れず、北に進んで欲しいものです。雨は降って欲しいのですが。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(7083)


Counter: 716, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional