温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2010-09-07

田圃を楽しむ-51。

9月07日

          前に戻る    次へ進む

 全てのハザ掛け完了。

 今朝も6時からハザを50m程作りました。どの位の時間がかかるか、計ってみたところ、10mに20分程掛かっています。約10mの間に三脚五組、二脚四組一脚置きに三脚が入る感じです。確かにこれだと時間がかかります。昨日刈り取ったコシヒカリを全てハザに掛け、後は脱穀待ちです。ここへ来て問題は天気です。台風九号が近づいてきている。
 刈り取った後の田圃を見て、何かおかしな事に気が付きました。田面の所々が湿っている、何故だろう。

ハザ掛け完了田圃全体湿ったブロック湿ったブロック
 これで長さ約50m、二日半掛かりました。台風の影響で倒れなければ良いのですが。 田圃全体の様子。ヒデコモチと朝紫は既に脱穀が終わって、ここには有りません。 欠株のブロック部分が湿っています。ひび割れは株を避けて走っています。 こちらも湿っています。稲株が如何に蒸散作用が大きいか、良く分かります。

 田面の湿ったブロックには驚かされます。こんなにも差が有るとは、思いも付きませんでした。最初に見たときはあまり気にしなかったのですが、何箇所もでて来ると、大いに気になり、よく見る事にしたのです。ひび割れが株の部分を避けて発生するのは前に気が付いていたのですが。
 ハザ掛けしたコシヒカリとミルキープリンセスを見ると、その背丈の高さの差が目立ちます。これだけ差が有ると、確かに耐倒伏性には大きな差が出来ます。問題は味で、白米にした場合と、玄米のままの場合で美味しく食べられるようだったら、来年からコシヒカリをこちらに切り替える事も有りうるかと思っています。
 少し前までここではかなり強い南風が吹いていました。今は少し収まっていますが、これから台風が近づいてくると、更に強い風が吹くのではと心配しています。近くに風で全面倒壊したハザが有ります。今のところ家のハザは大丈夫です。手を腫らすほど苦労させられましたから。台風の進路は未だかなりあやふやで、何処を通るか、分かりません。天気予報ではこの辺りは風より、雨の方が心配な感じになっています。風は今日の方が強い感じになっています。出来るだけ北の方に寄って欲しいのですが、分かりませんね。今の乾ききった状態の田圃では、100mm程度の雨が降っても、何の事も無いと思うのですが。

 ヒデコモチは良い玄米が取れそうです。

 8月29日に刈り取り、9月3日に脱穀したヒデコモチ、今日籾殻を爪で剥いで見ました。

画像の説明 米粒の大きさは十分に2.1mmをオーバーしていて、胴割れも無く、きれいに白濁していて、順調な様です。玄米は普通網目1.85mmで選別すそうですが、この1.85mmと言うのは結構薄い玄米で、サンプルの中には見られませんでした。近いうちに精米して、おこわ、お餅、玄米の状態での玄米餅、等にして食べてみようと思っています。
 左の写真は今までの写真より横長になっています。今までの写真が横4縦3の比率で有ったものが、横3縦2と横長になっています。この方が見やすい感じがします。

 今までは携帯電話のカメラで撮っていたのですが、これから場合によってはデジカメの写真を使う事になります。この比率にした時の問題点は縦長にした時、あまりにも長くなりすぎる事。デジカメの画像サイズを横4縦3にする事も必要かも知れませんが。

9月8日 追記

 本当に久々に雨です、台風九号です。

 午後2時過ぎから一ヶ月ぶりの雨が降り始めました。台風は予報進路の南側から更に外れて、大分南側から近づいて来そうです。福井県の敦賀市から、岐阜県の大垣の方向に進んでいて、真っ直ぐに房総半島を、南房総を狙って来る感じです。もう既に15m以上の風の吹く暴風圏内に入ってきているはずですが、風は今のところ殆ど吹いていません。少なくとも100mm位は降って欲しいものです。田圃に乾してあるコシヒカリやミルキープリンセスにはあまり良い事では有りませんが、カリカリに乾いた土にはその位は必要です。
 台風は東側に進んでいて、このまま行くと房総半島を西から横断の形になります。何か大変珍しい感じがします。今までこんな進路の台風って有ったかな。
 台風九号は熱帯低気圧に変ったが、局地的大雨をもたらしている雲が近づいてきている。今は小田原、網代辺りに有るが、そのまま東に進むともろに南房総に来る。一時間に80mm以上の降雨になっている。雨雲の動きは多少北側に寄っている感じなので、上手くすれば避けられるかもしれない。今は千葉、網代を結ぶ線上に豪雨域が有る。少し前に比較すると、豪雨域が拡大しているようにも見える。低気圧の周りの雲なので、低気圧の中心から見て左巻きに雲は流れるので、この豪雨域は多少は北側にずれると思うのだが。
 今17時18分、ここら辺りでは雨の降り出しから、大体40mm程の雨量となっている。
 今午後7時、どうやら豪雨域は抜けた様子で、今までの雨量は60mm程度です。今日始めて見たのですが、雨雲ズームレーダーと言う非常に便利なサイトが有りました。気象庁のレーダー観測を細かく表したもので、雨がこれからどのようになってくるか、自分で予想が出来ます。これから大いに活用しようと思っています。

 約60mmの雨が降ったにも関わらず、田圃には一切の水溜りが出来ていませんでした。さすがにこれだけカリカリに乾くと、全部吸い込んでしまうようです。明日の天気は曇りのようですが、風が多少吹いてくれますので、田圃も、ハザに掛けた稲も乾き始めてくれると思います。ミルキープリンセスとコシヒカリの脱穀は9月11日か12日になるかと思います。

9月9日 追記

 朝紫を籾摺りし、ヒデコモチを精米してみました。

 コイン精米機は10Kgまで100円で精米してくれるので、大変便利です。しかし循環式精米機ではなく、一回通しの方式である為、美味しく精米する事は期待できません。循環式の精米機は最低精米量が大体15Kgとかなり多い為、選択肢としては家庭用精米機になってしまいます。家庭用精米機でも良いのですが、それならコイン精米機の方がと言う感じなってしまい、普段は玄米を食べている事もあり、未だに導入していません。

精米したヒデコモチ朝紫 左がヒデコモチで、かなり粒の小さなお米も見受けられますが、まずまずです。白濁の具合も良好ですので、乾燥も問題無いと思います。ヒデコモチ、朝紫に関しては丁度適期に収穫できたようです。右が朝紫を籾摺りしたところです。所々にもち米が見られますが、これは仕方ないところですか。朝紫はもち米で、ヒデコモチに比べると長粒です。これは糠が黒いので、精米せずに食べる事になります。僅かに混ぜただけで、結構濃い色が付きます。

 今朝田圃の方を見て回ったのですが、ハザ掛けしてあるコシヒカリ、ミルキープリンセスには何の異常も見られず、田面のぬかるみもありませんでした。籾もそれ程湿気た様子も無く、明後日には脱穀出来そうです。ついでに落穂拾いをしたのですが、把にして4束、籾にして1Kg程拾う事が出来ました。もっと真面目に拾うと、この倍は有るのでしょうね。

9月10日 追記

 ヒデコモチは上品な味?

 今日何も入れずに、蒸して後で黒大豆の茹でたものを混ぜて食べてみました。水に浸す時間を6時間と短くした性も有ってか、多少硬いい感じです。味の方は一言に行って上品、雑みが無い、悪く言うと単純な味です。やはり精米し過ぎの感じです。食感的には非常に良いと思います。次は餅にして味わって見たいと思います。更にその次は玄米モチで味わいたいと思っています。

 

          前に戻る    次へ進む 

認証コード(1149)


Counter: 663, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional