温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-06-22

コンニャクを育てる -2。

6月22日

          前に戻る     次へ進む

 季節も春を越えて梅雨時になりました。なかなか芽を出さないと思っていたコンニャク芋、いつのまにか大分大きくなっています。

3年子二年子
 左の写真が3年子、随分と大きな株になっています。茎の部分がこんなに大きくなるとは、どこまで成長するのでしょうか。
 そして上の写真が2年子、一番早く葉が開きました。未だ芽だけの状態のものも有りますが。3年子は今年の秋には収穫が出来ると思います。そして周りにはたくさんの生子が付いて。
生子
 そしてこちらが生子です。芋の割には随分と大きな芽です。コンニャクは増やすつもりになれば、どんどん増やせそうです。でもそんなには食べられないですから、あまり増やさないようにするつもりです。問題は冬場の保存ですがね。

 コンニャク芋を植え付けたのが、4月29日、発芽までに一ヶ月以上を要しました。あれほどの芽、茎、葉を伸ばすのですから、地下の準備も大変なのでしょう。途中でサトイモの芽が出てきてしまい、掘り起こした事が有るのですが、その時コンニャクイモの上のほうから、太い根っこが伸びだしていました。随分としっかりしているなと感じていました。
 コンニャクイモの畝の両側には小麦を蒔いてあります。雑草と混じってしまっていますが、夏場には枯れて、消えてしまう予定です。目的は何か良くは分かりませんが、土を硬くしなかったり、水分を保持したり、雑草の防止をしたり、色々でしょう。今年はサトイモ畝でも同じことをやっています。畝と畝の間は、手入れのために人が入り込みます。そのため土ががちがちになってしまいます。そこに雑草などを生やしておくと、何時までも土の柔らかさを保ち、そして保水も行ないます。その雑草の代わりに小麦を使っています。これは色々と使えます。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0733)


Counter: 627, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional