温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-06-25

南部小麦とライ麦の栽培ー25。

6月25日

         前に戻る     次に進む

 ライ麦の刈り取りと脱穀を一気に行ないました。

 やはり梅雨、天気がはっきりしません。予報では今日は晴れのはず、でもほぼ一日中曇りで蒸し暑い。明日からどうなるか分からない、と言う事で一気にライ麦の刈り取りと、脱穀をやってしまいました。刈り取りで果たしてバインダーが使えるどうか、一番気にしたのですが、案の定かなり難しく、5割以上の部分を手刈りせざるを得ませんでした。

バインダーで刈り取り中ハーベスタで脱穀ハーベスタの3番口からの藁ライ麦の藁のボッチ
 ライ麦は背丈が高いために、バインダーでは藁が途中で折れてしまい、なかなか上手く行きません。 ハーベスタはストローカッターを付けていませんの、何の問題も無く、終了しました。 ハーベスタのトウミ3番口から噴出された藁?穂?。ライ麦の玄麦だけを上手く取り出しています。 脱穀後の藁でボッチを作ってみました。非常に背が高い。これを何か有効に使えないか?

 バインダーはライ麦の茎の部分が途中で折れ、排出工程が上手く行かず、引っかかって機械が止まってしまうことしきり。遂には土と藁が詰まってしまい、ストップしてしまいました。手で刈らざるを得なかったのですが、刈り取った藁は途中で折れていないために、脱穀、ボッチ作りも楽に行なう事が出来ました。
 ハーベスタでは前回小麦を脱穀していますから、機械内部の小麦の取り出しかなりの時間を要しました。と同時にまたまたネズミが持ち込んだロープの切れ端が大量に出て来ました。前回出し切っていなかったのかも知れません。これは何か手を打つ必要が有ります。
 脱穀自体は何も問題も無く順調に終了しました。小麦の場合とは異なり、トウミの3番出口からはライ麦の穂から、玄麦を取り出したカスが、うまい事吐き出せてきます。上手く出来ていますね。

ライ麦 脱穀後暫く天火干しして、小屋裏で扇風機乾燥です。小麦に比較するとやはりやや充実度が低い感じです。本当はもう少し後での収穫が良いのでしょうね。今年は出来れば10月には播種して、入梅前に収穫出来るようにしなければと思います。ライ麦の背丈は2mを優に超えて、一部では倒伏ぎりぎりの状態でした。でも完全に倒れたものは有りませんでした。茎がかなりしっかりしていて、土台が頑丈だったので、倒れなかったのかと。
 玄麦の出来からするともう少し肥沃な場所で作った方が良いのかもと思います。今年はどこへ作付けしようかと今から悩んでいます。
 収量は仮に乾した段階で、10Kgr程有り、これだけ有れば一年間は持ちます。でもよく乾燥して、トウミ掛けしたら、1割ほど少なくなりますから、最終的には9Kgr程になります。

 今年の一番の失敗は、収穫時期が遅くなってしまった事です。これを何とかしなければ。でも刈り取りと脱穀を、同時に行なう事も出来る事が分かりましたから、選択肢としては多くなった感じです。小型の乾燥機があれば鬼に金棒ですが、そうは行きません。

         前に戻る     次に進む

認証コード(7741)


Counter: 689, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional