温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-07-04

またまた懲りない大豆栽培ー1。

7月4日

          前に戻る     次へ進む

 今年も大豆を作る時期になりました。昨年は収穫は出来ましたが、やはりあまり上手くいったとは言えませんでした。どうも緑大豆は上手く行きそうに有りませんので、今年は採種用のみの作付とします。そしてメインは青ばつ大豆として、後は黒大豆を作付ける事としました。そしてこれも上手く行くことは無いと思われますが、丹波黒大粒大豆をほんの僅かに作ってみます。
 昨年作った大豆はそのかなりの部分をきな粉として食べてしまいました。後は煮豆、で年間の消費量としては12から15Kgr程度かと思います。そこで今年は何とか少なくとも10Kgrは収穫して見たいと思っています。

青ばつ大豆黒大豆枝豆
 青ばつ大豆でセルトレイ18枚、288トレイ有ります。 黒大豆で、12セルトレイ、192トレイ有ります。 こちらは枝豆用に、青ばつ大豆と、黒大豆を直播です。左に見えるのは、枝豆用の茶豆です。

 問題は畑の方で、小麦、ライ麦の収穫が予想より遅れて、なかなか準備出来ませんでしたが、やっと何とかなりました。でも土の状態はあまり良くありません。と言うのは耕運機で耕起するタイミングを間違えて、あまりにもぬかるんだ状態で行なってしまったために、土がごろごろになってしまいました。元々が田圃で、土は粘土ですから。そのため、苗の植付けを行なうまでに、もう一度耕起して、土をもう少し細かくしたいところです。今朝方雨が降り、またまたぬかるんでいますから、今度はタイミングを間違えないように耕起したいと思います。
 畝間隔1m、株間40cmで480株作付を行なうためには、単純計算で192㎡と、かなりの広さになります。畑の2/3程を使う事になります。
 小麦、ライ麦を作る時、肥料は一部でボカシ肥料を使っています。ですから元肥をどうするか迷ったのですが、結局苦土石灰を少し振るだけにしました。昨年は多少つるボケ気味になってしまいましたから、多分これで十分でしょう。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4838)


Counter: 518, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional