温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-07-06

落花生の栽培ー3。

7月06日

         前に戻る     次に進む

 中耕、牡蠣がら石灰散布、培土を実施しました。

 東京では大雨が降っているというのに、こちらでは全く雨の気配無し。天気予報でもここは南関東ではなく、南房総で、南関東の予報は全く当てはまらない。今日もお日様が出ていて、蒸し暑い一日だった。落花生は花が咲き出したと言う事で、牡蠣がら石灰を一株当り一握り散布し、中耕を行なった後、土寄せを行なった。

牡蠣がら散布、中耕土寄せ 雨が全く降らないというわけではないので、土は適当に湿っていて、畑の状態としては良い。ただ粘土なので、土はなかなか細かにはならない。牡蠣がらは全体でちょうど一袋、20Kgr程散布、果たして石灰肥料として効果を出してくれるのか、不明。作業のついでに株の周りの雑草も抜いておいた。この前の作業の忘れ物。土寄せをした事で、暫くはこのまま放置できるはず。問題はやはり雑草で、特にヤブガラシが難敵。

 去年は畝間を60cmとして、失敗したと感じたので、今年は100cm、これで雑草取りが相当に楽になるはず。必要な時又中耕も簡単に出来るはずなのだが、果たして思惑通りに行くか。株が大きくなった段階で、ひと一人が通れれば良いのだが。
 そしてもう一つの課題が猪、周りのネットを補強する必要が有りそうだ。二年続けて猪にやられたのでは、やるせない。なんとしても防がなくては。でも完全に進入を防ぐのは難しい。

         前に戻る     次に進む

認証コード(6293)


Counter: 540, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional