温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-07-25

落花生の栽培ー4。

7月25日

         前に戻る     次に進む

 雨が降らずに、高温続きの日々、落花生は一体どうなるのだろうか。

 この二週間以上高温と雨の降らない日が続いています。元々田圃の畑で、水持ちは良いはずですが、田圃の様に大きなひび割れが出ています。朝方表面にには多少水気が来ている様なので、未だ完全には水は切れていないようですが、果たして何処まで持つか、心配になって来ました。ここは南房総ですが、南関東では無いのでしょうか。南関東の各所ではかなり雨が、それも豪雨が降っているのに、ここでは全くお湿りなし。田圃も厳しい状態を迎えそうですが、畑は更に大変になりそうです。

落花生の畝-1落花生の株-1落花生の畝-2落花生の株-2
 より粘土質の部分の畝です。 株自体は今のところ大丈夫。ひどくひび割れしています。 多少は粘土質が少ない部分の畝です。 こちらも見た目は大丈夫です。こちらのひび割れは未だましです。

 未だ枯れるところまでは来ていません。でもこのまま高温、雨無しが続けば、駄目になると思われます。しかし今の状態で水をやると、又駄目になってしまう可能性があります。水遣りをするならかなり大量にやる必要があり、簡単には出来ない事も事実です。早朝に土の表面を見て、水気が無くなったら、やらざるを得ないかと思っています。判断が難しい事になりそうです。

 一日も早く大雨が降って欲しいもので、雨乞いでもしたくなります。

7月26日 追記

 我慢できずに落花生の半分に水遣り。

 今日は多少曇ってはいますが、相変わらず雨は降らず、暑い日です。落花生の畝で、特に地割れのひどい方に我慢できずに水を遣りました。畝の長さが約5m、で7本の畝です。ここに15リッターほど入るバケツを使って、各畝に10杯程です。合計で1トン程の水遣りになりました。

神社の井戸のオーバーフロー水を利用水遣り後の畝 使った水は近くの神社の井戸のオーバーフロー水です。何時もはもっと出ているのですが、このところの渇水で水の出は良くありません。
 水を撒くと、シュワーと音をたてて一気に土が水を吸っていきます。雨量にして50mm程度になります。僅かですね。これでは直ぐに乾いてしまうでしょう。これからも暫くは雨が望めないようです。

 水遣りをしたのは落花生の一部分で、残りの部分は未だ様子見です。朝方見たところで、わずかに水気を感じたので、未だ大丈夫と考えました。土の表面が割れてしまったのは、多分耕運機で耕してしまったところに雨が降り、その後全く雨が降らないためと思います。それにしても異常です。

7月29日 追記

 朝から雨が降り出した。

 半月ぶりになる、期待の雨だ。あまり中途半端に降らずに、思いっきり降って欲しい。鴨川の大山千枚田でも水切れになっているそうだ。解消するには最低でも50mmは欲しい。
 今落花生は花盛りの時期で、本当に都合よく雨が降ってくれた感じです。あの固い土にどのように実を付けるか心配だったのですが、これで何の問題もなくなるでしょう。後はもう一度軽く土寄せをして、雑草に注意をすれば、そして猪にやられないようにすれば、秋には落花生が収穫できます。猪が問題ですがね。

7月30日 追記

 昨日からの総雨量は80~90mm程度で、本当に良いお湿りになりました。落花生の畝間はあまり耕起してないために、一部では水が溜まる状態になっています。雨が降って土が柔らかになり、一安心です。
 さあこれで明日から忙しくなりそうです。この雨で雑草が勢いを付け伸びてきますから。一番厄介なのがヤブガラシ、スギナです。そしてそろそろ秋蕎麦の準備も必要です。

         前に戻る     次に進む

認証コード(8155)


Counter: 599, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional