温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-08-14-2

落花生の栽培ー6。

8月14日

         前に戻る     次に進む

 ハクビシンだ。今年も駄目かな、落花生。

 一昨昨日気が付いたのですが、何かに落花生がやられています。去年と同じ感じで、根元を掘り起こし、豆を食べています。去年は猪の性かと思っていたのですが、どうやらそうではなくて、ハクビシンの被害のようです。足跡が小さく、器用に豆を穿り返してします。回りにはネットを張り巡らしているのですが、全く効果が無いようです。下の一番右の写真で、全体を見ただけではあまり被害が無いように見えますが、一株一株を見てみると、かなりの株がやられているのです。

ハクビシンにやられた落花生ハクビシンにやられた落花生土寄せ
 器用に根元だけ穿り、落花生を取っています。 こちらも同様に。豆自体は未だ熟していないのですが。 やられた株は、今のところ全体のほぼ1/3です。外見には分かりません。

 確か去年だと思うのですが、近所の人が落花生をハクビシンに徹底的にやられて、もう作らないと言う話を聞いています。何せネットを被せても駄目だったということですから。このまま放置すれば間違いなく全体をやられてしまいます。でもどのように手を打ったら良いのか、分かりません。トラップを掛ければ間違いなくかかるとは思うのですが、そこまでは。

ネットのトンネル とりあえずの対策として、2畝にネットのトンネルを設置しました。畝間は1mあるのですが、トンネルの巾は1mオーバーで、隣接する畝をカバーする事は出来ませんでした。この部分は今のところハクビシンにやられていない所で、多分生育が遅れている所だと思います。したがって落花生はこれから未だ大きくなると思われますから、ネットが何れは邪魔になります。そのときは又ネットの張替えが必要になります。問題はこれでハクビシンが防げるかどうかです。

 これから毎日注意してみていく必要が有りそうです。

8月15日 追記

 犬猫忌避剤が効くと言う話で、早速実行。

 ハクビシンの被害防止に犬猫忌避剤が効くと言う内容の記事を見て、早速実行することにしました。忌避剤の内容物を見てみると、軽石が主成分で、それに色々な植物から抽出した匂い成分を染み込ませたものらしい。匂いを嗅いでも特にいやな匂いではなく、果たしてこれで効果があるのか、疑わしいが、とにかく撒いて見ることにした。
 今日は昨日ネットのトンネルを設置したことで、雰囲気が変わったためか、ハクビシンは出てこなかった様子です。今日もネットの裾野処理を変えm犬猫忌避剤を撒いた事で、ハクビシンは出て来ないだろう。そういうことの繰り返しで対応するしかないか。

8月17日 追記

 またまたハクビシンにやられた!

 南側は椿の生垣が有り、更に排水用の側溝があるので大丈夫だろうと、思っていたのだが、やられてしまった。進入口が南側かどうかは分からないが、ほぼ2畝全部をやられた。やはり対策というものは徹底的にやらないと意味が無いようだ。南側には犬猫忌避剤も撒いてない。

ハクビシンにやられた落花生 よく見てみると隣の大豆の根元まで穿っている。でも豆が無くて、諦めて、本命の落花生に手を出した。本当に2畝徹底的にやられたしまっている。ネットを被せたところはさすが大丈夫だった。ネットの上から入るのか、下からくぐって入るか、分からない。そこで南側のネットと同じように、下側をきちんと締め、上側には妨鳥用の黄色い糸を張り巡らした。これでも入るんだろうなと思いながら。
 前の家に居た時は、びわがハクビシンにやられている。これもなかなか防ぐ事は出来なかった。ネットが有効であるとは思うが、これもやられてしまったという話も聞く。トラップしかないのか。

         前に戻る     次に進む

認証コード(0061)


Counter: 681, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional