温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-08-28

蕎麦の栽培ー2。

8月28日

          前に戻る     次へ進む

 雨が全く降らず、厳しい日々が続いています。

 播種から二週間、全く雨が降っていません。普通であるなら今は勢い良く成長するはずですが、生きていくのがやっとの感じで、成長どころでは無いようです。

蕎麦の畝全体信州在来蕎麦信州大蕎麦
 前回とは異なる方向からの画です。 信州在来蕎麦です。 信州大蕎麦です。

 またまた水を遣るべきか、どうか迷っています。これから一週間も雨は全く降りそうに有りません。朝方葉っぱの表面には多少朝露が残っているし、土は多少したから水が上がっている感じも有ります。土を穿ってみると、多少は水気が有るように見えます。表面ほどは乾いていないという意味です。根の浅い小さい苗は枯れ始めてきています。
 水をやるとしたら、かなり大量に必要となります。水を運ぶにも、軽トラックを使わざるを得ない状態です。

8月30日 追記

 信州在来蕎麦に花芽が付きました。

 8月20で水遣りを止めて、ちょうど10日、生育は良くないですが、ここへ来て真宗在来蕎麦に花芽が付き出しています。この日照り続きの中よく持っているものです、花芽まで付けて。

信州在来蕎麦信州在来蕎麦の花芽信州大蕎麦
 信州在来蕎麦の様子です。 信州在来蕎麦の花芽です。 信州大蕎麦の様子です。

 信州大蕎麦にももう直ぐに花芽が付くと思います。それにしてもこの厳しい条件の中、花を咲かせようと言うわけですから、すごいですね。土はもうからからに乾ききっています。何とか早く雨が欲しいのですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5101)


Counter: 616, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional