温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-09-26

落花生の栽培ー8。

9月26日

         前に戻る     次に進む

 ハクビシンが又荒らし出し、仕方なく収穫しました。

 ハクビシンに、徹底的に荒らされた上、ここに来て又荒らされています。荒らされた後に又熟した実を掘り起こして、食べています。ここまで来ると、もう我慢できません。そこで仕方なく収穫してしまいました。収量は本来の一割から、二割程度にしかなりません。

掘り起こした落花生-1掘り起こした落花生-2掘り起こした落花生-3ハウスの中で実を取ります
 掘り起こした落花生の株。実の付き方が非常に少なく、小さな未熟な実が多いです。 食べられそうな実は』数える程しか有りません。 こちらは比較的実付きの良い方ですが、たいした量では有りません。 掘り起こした落花生はハウスに運び、雨に当てないように保管です。今日、明日で出来れば実を取ってしまいたいと思います。

 ハクビシンは落花生の株全てを掘り起こしていました。それも一番熟している株の真中辺りを中心に、信じられない。昨年も同様にやられていたので、間違いなくハクビシンによる食害です。今日全ての株を掘り起こしてしまいましたから、多分ハクビシンはびっくりするでしょう。そして他に食べ物を探しに行く事でしょう。家の畑には今大豆と蕎麦しか有りませんので、他の場所に行くしか手は無いでしょう。食事場としていた場所が空っぽになって、かなりショックを受けると思います。
 それにしてもどのようにして食害を防ぐか、やはり電気柵しか無いのでしょうか。今畑に有る大豆は、これから猪にやられる可能性が有ります。猪、ハクビシン、ウサギ、これら全てに有効な電気柵を張るには、かなり低い位置から、線を張る必要があります。普通は二本で良い所を、多分四本張る事になります。かなり大変な作業になります。

9月27日 追記

 根粒菌いっぱいの落花生の根っこ。

根粒菌 雨が降り続く中、ハウの中で落花生の実取りをしています。よく目に付くのが、根っこに付いている根粒菌。昨年はこれほどは付いていませんでした。根粒菌は空気中の窒素を固定してくれる、非常に大切な菌。本当は根っこを土の中に残して置くのが一番なのでしょうが、落花生はそうは行きません。株には根粒菌がたくさん付いているものと、全く付いていないもの、色々です。落花生の実を取った後は、積み上げて堆肥にするつもりです。根粒菌がその状態でも活き続けるか、不明ですが、これでよい堆肥が作れるでしょう。
 根粒菌がよく見られる作物には、大豆が有りますが、去年は根っこに殆ど根粒菌は見られませんでした。今年果たしてどうなっているか、楽しみです。

9月29日 追記

 やはり採れた落花生は僅かなものでした。

ウッドデッキに乾した落花生 雨の中、ハウスの中で株から実を外しました。出来るだけ出来の良いものを選んで行なったのですが、結構屑や、未熟な物が含まれていて、更に選別したものが左の写真です。ここから更に選別を行ないますから、更に半分近くに減ってしまいます。あれだけの広いところで作ったものが、僅かにこれだけとは、情けない。

 電気柵の設置を考えて色々と検討しているのですが、なかなか難しそうです。つまり本当に効果が有るのか、効果が有るようにするにはどうしたら良いのか、色々な情報が氾濫しています。どうもこれだけで完全と言うものはなかなか有りません。電源本体の性能と、電柵の張り方、そして価格がポイントです。電柵を張っても入られたと言う情報がかなり有ります。それは性能の問題なのか、張り方の問題なのか、或いは管理の問題なのか、色々と原因が有りそうです。そして本当に効果が有るのか、と言う点になると判断が難しくなります。家の畑で問題になるのは、今のところ猪、ハクビシン、ウサギです。猿とか鹿は今のところは大丈夫ですが、近くで猿を目撃した情報も有り、これからは可能性があります。

 

         前に戻る     次に進む

認証コード(2349)


Counter: 619, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional