温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2010-10-08

またまた懲りない大豆栽培ー13。

10月08日

          前に戻る     次へ進む

 今年は大豆が豊作の予感。

 今日庭の畑の大豆一本を抜き、枝豆として食べてみました。少し前から気が付いていたのですが、豊作の予感です。鞘が非常に多く付いているのです。そして今のところ順調に膨らみ始めてきます。そして虫はカメムシが僅かに見られただけです。葉っぱはかなり虫に喰い荒せれていますが、今のところ未だ大丈夫です。イナゴ、トノサマバッタが何か異常に多いような気もします。彼らが葉っぱを食い荒らしているのです。
 去年は11月に収穫した時、かなり虫にやられていました。豆の中に入り込んで、食い荒らしていました。果たして今年はどんな結果になるのやら。

庭の畑の青ばつ大豆枝豆用に取った大豆 左が大豆の葉っぱをはいで、中の様子を見たところです。相当多くの鞘が見られます。そして右側が一本の株から採った枝豆です、中くらいのボール一杯有ります。未だ十分に熟していませんから、膨らみは足らないですが、一応枝豆としては食べられます。この量はびっくりする位の量です。今年は夏異常高温で、一時はどうなるかと思ったのですが、異常高温の後、かなりの雨が降り、それが丁度大豆が水を必要とする時期と重なって、このような結果に繋がったと思います。

 庭の畑でこれだけの大豆が成るのは初めてです。初期にカメムシのやられたり、途中で他の虫にやられたりで、今まではかなり散々でした。今年は本当に珍しい年だと思います。でも駄目なものもかなり有ります。今又新たに伸び始めているのですが、インゲン豆、白菜、ブロッコリー、ネギ、等など。何れも異常高温の時のものです。雨が降るようになって、気温が下がりだし、色々と順調に育つようになって来ています。ニンニク、ラッキョウ、玉ねぎ、菜花、チンゲンサイ、キャベツ、大根、牛蒡、ニンジン、ほうれん草、秋茄子等など。
 そしてそろそろ小麦、ソラマメ、グリーンピース、エンドウ、等の準備に入る時期になって来ました。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7772)


Counter: 554, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional