温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

発言/2010-09-24

脅しに屈した日本外交。

9月24日

          前に戻る     次へ進む

 尖閣沖衝突、中国人船長を処分保留で釈放と言うニュースが舞い込んできた。果たしてこれだけで良いのであろうか。益々日本の弱腰を全世界に知らしめる事になりはしないであろうか。事件の詳細を国内に知らせる事もせず、国内事情だけから脅しに掛かってくる、何時もの中国、分かっているだろうに。前原さんは中国に対して強気との前評判であったので、期待していたのだが、やはり無理だったかの思いです。
 このような状況になったことに対して、政府は次の手を十分に考え、打って欲しいものです。そもそも日本は領土に対する考え方が甘すぎます。やはり自国の領土と主張するなら、それなりの行動が必要です。領土と言うならそこへ入らせない事が一番重要です。これが出来なければ、領土と主張する事は厳しいのではないかと思います。
 国内的には、今回も多分経済界の圧力に屈した感じで、釈放と言う事になったと思いますが、果たしてそれで良いのでしょうか。政府主導で行なうのであれば、もっと早い段階、事件が発生した段階で、中国と交渉すべきだったと思います。事実関係を全世界につまびらかに公開して、公の場に中国をひっぱりだして。その様なことが出来るように、ホットラインを設けて使うべきだと思うのですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6553)


Counter: 453, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional