温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

色々楽しむ/2010-10-26

モッコク-1。

10月26日

          前に戻る    次へ進む

 モッコクの実が裂けて種が飛び出して来ました。

 家の北側にモッコクが何本か有り、強い北風を防いで居てくれます。そのモッコクの実が裂け始めています。一瞬又花が咲いたかのかと思ってしまいました。地面には花びらが散ったかの様に、裂けた実の果肉の部分が散らばっています。

モッコクの実モッコクの実が裂けたモッコクの種
 夏白い花が咲き、今この様な実がなります。 そして実が裂けて、まるで花が咲いたようになります。 裂けた実の中からは、この様な種が現れます。

 モッコクは庭木として人気が有るのですが、何せ成長が遅く、かつ大きくなってしまいます。とても扱い難く、かつ手の掛からない庭木です。北側に有るモッコクが何年位経っているかは不明ですが、かなり大きくなっていて、そろそろ手入れが必要な状態になってきました。家の北側に有ると言うことで、日当たりが余り良くなく、特にその東側の木は元気が無くなって来ている感じです。西側の木は日当たりが良く、元気一杯で、花が咲き、実を付けるのもこの西側の木です。やはり木にとって日の光はとても大切なものなのです。
 家の周りには、モッコク、イヌマキ、モミジ、椿、等の木が有り、今イヌマキの苗が少し大きくなって来た所です。モミジも落ちた種から自然に芽吹き、今大きなもので30cm程の苗木になっています。そんなものを作ってどうすると言う事になるかも知れませんが、モッコクの苗木も育てて見よいかと思っています。どんな風に成長していくか、楽しみです。実は去年種が地面に落ち、自然に発芽した苗木を既に何本か育てているのですが。イヌマキでもそうでしたが、自然に地面に落ちて発芽する物はかなり少ない様で、やはり多少手をかけてやり、ポット等の中で育ててやると結構な確立で発芽するようです。

10月29日 追記

 モッコク、イヌマキの種をポットに播種。

 モッコクを24ポット、イヌマキを48ポットに播種しました。芽を出すのは来年ですが、今から楽しみです。イヌマキの発芽は非常に面白い形で行なわれます。モッコクは普通の発芽でしょうね。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(8411)


Counter: 547, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional